UAゼンセン

MENU

ヤングリーブス(若年組合員)の参画推進と育成を目ざして

UAゼンセン「綱領」および「運動の基本」にもとづき、男女の若年組合員の力を労働運動のなかに大きく生かし、一人でも多くの若者が幅広く労働運動をつうじて生き甲斐を見出すことのできる活動を推進し、次代を担うリーダーを育成することを目的に、ヤングリーブスという横断的な組織を結成し活動を展開しています。原則35歳までの男女組合員が対象で、組合活動への入り口でもあります。

主な活動内容

富士山の森づくり

ボランティア精神の育成と全国の仲間づくりを進める目的で、富士山麓で植樹活動および学習・交流を行う活動を1999年から継続しています。

富士山の森作り活動
富士山の森づくり活動

社会運動への取り組み

北朝鮮による日本人拉致被害者家族への支援活動、北方領土返還要求運動や竹島の領有権問題、尖閣の主権問題など、社会問題について組織内に留まらず、広く地域社会に対して世論喚起を進めるための活動を展開しています。

拉致被害者の中には、UAゼンセンの仲間が2人います。政府が設定する「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」を含む毎年12月から翌年2月までをUAゼンセンの支援活動強化月間とし、学習啓発活動および組織内署名、また街頭署名活動に取り組んでいます。

拉致被害者家族への支援活動
拉致被害者家族への支援活動

私の主張とは

目的

  1. (1)UAゼンセンの組合員が主体性をもって自己主張する場とし、スピーチ能力を高める。
  2. (2)労働運動における教育的観点から若者の健全な育成、リーダーの育成をはかる。
  3. (3)組合員の生の声をUAゼンセン運動に反映し、活力ある運動の構築に寄与する。

毎年、都道府県支部大会、ブロック大会を経て、全国大会を開催しています。

私の主張全国大会

私の主張の企画・運営

労働運動における教育的観点、若者の健全育成、リーダー育成をはかるための「私の主張」の企画、運営を実施しています。

私の主張全国大会
私の主張全国大会

教育・社会運動トップに戻る