UAゼンセン

MENU

個人名投票の徹底を!

参議院選挙のしくみ

参議院議員の任期は6年で、3年ごとに定数(248)のうち半数(124)が改選となるように選挙が行われます。

参議院選挙は、各都道府県を単位とした「選挙区選挙」(74議席)と、全国を単位とした「比例代表選挙」(50議席)があります。つまり、有権者は①「選挙区」②「比例代表」それぞれの投票があるので、一人が2票を持つことになります。

選挙区・比例代表を合わせて、投票者は1人「2票」を持っています。

「選挙区選挙」の投票
(1回目の投票)

あなたが住んでいる(住民票がある)選挙区の「候補者名を書いて投票します。

UAゼンセンが推薦している候補者に投票をお願いします。

UAゼンセン推薦候補一覧
選挙区選挙(都道府県)には、候補者名を書いて投票!

「比例代表選挙」の投票
(2回目の投票)

各政党の名簿に記載された「候補者名を書いて投票します。
各政党の当選人数のなかで、個人得票数の多い候補者から順次当選人が決まります。

田村 まみ
個人名での投票をお願いします。(政党名で投票することもできます)

比例代表選挙(全国区)には、「田村 まみ」と書いて投票!

比例代表選挙の当選者の決まり方

各政党の総得票数(比例名簿登載候補者の投票数合計+政党名の得票数)にもとづいて、ドント方式により各政党の当選者数を決めます。そして、各政党に配分された当選人数のなかで、得票数の多い候補者から順次当選人が決まります。

ドント方式

例)有効投票数:33,500 定数:10 の場合

  1. 各党の総得票数を、「1」から定数である「10」までの整数で順次割る
  2. (1)の数の大きい順に、定数まで議席を配分する

ドント方式によって各政党に配分された当選人数のなかで、得票数の多い候補者から順次当選人が決まります

比例区は100万票で一人当選。
多くの組合員・家族の皆さんの大きな力が必要です!!