UAゼンセン

MENU

厚生労働省から「職場における死亡災害撲滅に向けた緊急要請」

 

厚生労働省から「職場における死亡災害撲滅に向けた緊急要請」

厚生労働省は、労働災害の急増を受け、9月22日付で業界団体等、関係事業者団体に対し「職場における死亡災害撲滅に向けた緊急要請」を実施しました。
9月20日に厚生労働省が公表した、平成29年の労働災害発生状況(1月~8月の速報値)では、死亡者数が対前年比9.6%(49人)の増加、休業4日以上の死傷者数が対前年比0.9%(600人)の増加となりました。
また、8月単月の死亡者数は66人となり、対前年同月比57.1%(24人)の大幅な増加となっています。

<要請のポイント>
1.安全作業マニュアルの遵守状況を確認するなど、職場内の安全衛生活動の総点検を実施 すること
2. 安全管理者、安全衛生推進者、安全推進者等を選任し、その職務を確実に遂行させるなど、 事業場の安全管理体制を充実すること3 雇入れ時教育等を徹底するなど、効果的な安全衛生教育を実施すること
3.雇入れ時教育等を徹底するなど、効果的な安全衛生教育を実施すること

厚生労働省リンク先

UAゼンセンでは、毎年安全週間の準備期間である5月~6月を中心に、「労働環境総点検運動」を実施し、年間を通じて安全衛生活動の取組みをしています。
いま一度、職場の点検を行い、職場の「事故ゼロ」を目指して職場環境の整備を進めてきましょう。