UAゼンセン

MENU

第6回中央委員会を開催しました

2018.01.31_第6回中央委員会 松浦昭彦会長挨拶

2018.01.31_第6回中央委員会 田村まみのキャッチフレーズが決定

第6回中央委員会を開催

2018労働条件闘争スタート「格差是正の流れを一層加速させよう」

UAゼンセンは1月31日、第6回中央委員会を東京・品川区立総合区民会館(きゅりあん)で開催し、中央委員、役員、傍聴など約1100名が出席しました(本中央委員会の中央委員、特別中央委員の出席者に占める女性比率は24・0%)。

松浦昭彦会長は冒頭の挨拶で、2018賃金闘争へ向けて「昨年は3つの格差(産業間格差、企業規模間格差、働き方による格差)の是正で一定の前進をはかることができ、『潮目を変える』端緒をつかんだ。ことしはこの変化をさらに加速させ、より確かで大きなうねりにしていこう」と訴えました。また、働き方改革の社会的な動きも活発化していることをふまえ、「賃金以外の働き方に関わる改善についても推進していく絶好の機会である」と述べました。

「2018労働条件闘争方針」「参与の任命」の2議案をすべて満場一致で決定。

その後、昨年10月から募集した「政治活動キャッチフレーズ」の審査結果を発表し、表彰を行いました。
<キャッチフレーズ>
働く「仲間」の「笑顔」のために
                  松末 祥司さん(万代ユニオン)

以上