UAゼンセン

MENU

2019賃金闘争 社会相場を上回る成果

2019賃金闘争では、Aグループが3月13日をヤマ場に翌未明にかけて精力的な交渉を行った。その結果、6年連続となる賃金引き上げの流れが継続し、社会相場を上回る水準で妥結した。規模別では300名未満の組合の妥結平均額が300名以上の組合の平均額を大きく上回り、中小組合における底上げ、格差是正の取り組みが続いている。パートタイム組合員の賃上げも4年連続で正社員の引き上げ率を上回り、均等・均衡処遇へ向けた取り組みが続いている。Aグループの成果に続き、Bグループ(3月20日)、Cグループ(3月29日)も粘り強く交渉していこう。