UAゼンセン

MENU

2019賃金闘争 前年を上回る水準の妥結が続く

2019労働条件闘争 第二の集中回答日(3月20日)終了時の妥結状況を発表

第2の集中回答日が終了した時点で、正社員168組合、パートタイマー109組合、契約社員31組合が妥結。前年比較できる組合の単純平均は前年を上回る水準を維持しています。

規模別では300人未満の組合が総合計、賃金引き上げ分とも300人以上の組合を上回っており、中小組合が健闘しています。

一人当たりの平均引き上げ率でみると、パートタイマーは2.81%と正社員の2.36%を大きく超え、均等・均衡処遇に向けた取り組みが進んでいます。

以上