UAゼンセン

MENU

北朝鮮による日本人拉致被害者家族への支援活動や、北方領土返還要求運動を行っています。

北朝鮮による日本人拉致被害者家族への支援活動

UAゼンセンの役割として、また自分の家族の一員が拉致されたという思いで世論喚起を進め、被害者家族を支援する「特定失踪者問題調査会」の活動を支援しています。

UAゼンセンの拉致被害者家族支援活動の一例

<周知活動>

 

<署名活動>

 

<要請活動>

「ゆび募金」活動に参加しています

UAゼンセンは、社会貢献の一環として、UAゼンセン本部に募金型自動販売機を設置し、その売上金の一部を特定失踪者問題調査会に寄付しています。
「ゆび募金」自動販売機で飲料を購入すると、UAゼンセンと、この活動に賛同した飲料メーカーから1本につき1円ずつ(合計2円)が、寄付される仕組みになっています。
自動販売機のボタンを指で押して購入するところから、「ゆび募金」と名付けられたこの活動は、だれもが気軽に参加できる社会貢献活動です。
詳しくは、NPO法人 ジャパン・カインドネス協会のホームページをご覧ください。

北方領土返還要求運動

1974年から継続している運動です。毎年7~9月にカンパ活動を行ない、北海道の羅臼町、標津町、中標津町、別海町の4町にカンパ金を贈呈しています。

独立行政法人北方領土問題対策協会

教育・社会運動トップに戻る