UAゼンセン

MENU

TOP NEWSトップニュース

2020年10月22日

介護従事者の処遇改善へ UAゼンセンとNCCUが50万筆余の署名を提出

 UAゼンセンと日本介護クラフトユニオン(NCCU、介護業界で働く仲間達が結集した労働組合、約8万4千名)は10 月19日、厚生労働省を訪問。松浦昭彦UAゼンセン会長と染川朗NCCU会長が介護従事者の処遇改善を求める署名簿50万9323筆を田村憲久厚生労働大臣に提出しました。本署名は本年8月から実施した署名活動でNCCUの組合員をはじめ全国の介護従事者やUAゼンセン組合員から寄せられたもの。

 当日は、川合孝典組織内参議院議員と田村まみ組織内参議院議員が同席するなか、2021年度介護報酬の改定へ向け、①介護従事者が介護の仕事を安心・安定して長く続けることができる介護報酬水準の設定②利用者と家族、介護従事者が理解し納得できるよう簡素な仕組みの介護報酬の設定を求めました。これに対し、田村大臣は「温かみのある介護を今後も続けていくために人材確保についてしっかりと検討していきたい」と前向きに応えました。

インフォメーション

一覧へ

UAゼンセン新聞

一覧へ
毎月第1、3木曜日発行

申し込みや変更は、上の画像をクリック

Yuai誌

一覧へ
無料お試し読みはこちら!!
毎月第1日発行 1部250円

申し込みや変更は、上の画像をクリック

?