UAゼンセン

MENU

トップリーダー宣言

  • 新潟県支部砂長 勉

    職場で生きいきと働くために、目標を掲げ取り組みを進めましょう!この取り組みは一時的なものではありません。年間を通して目標を達成させるべく取り組むものです。はじめから「できない」ではなくて、何ができるのかを考え実践していきましょう!そのために県支部は所属加盟組合が自分の組織で男女共同参画の実現を描けるよう常に発信し行動します。

  • 富山県支部神田 淳一

    労働組合活動の原点は、如何に多くの視点で物事を捉え、如何に多くの「声」を運動に反映させるかにあります。その中で、性別に関係なくそれぞれの立場を理解し話し合える環境整備が必須と考えます。県支部としては、男性に偏り気味な現状を少しずつ改善すべく積極的に取り組みます。

  • 石川県支部髙井 哲郎

    石川県支部においては、今期も引き続き、男女平等を実現するうえでの女性の問題、男性の問題、両方の視点から「具体的に改善すべき事は何か、石川県全体で何を具体的に取り組むべきか」を1つ、石川県支部男女共同参画推進委員会で現状把握・分析・検討・計画するところから始めます。次に石川県支部の行事すべての女性参加促進策を検討していきます。

  • 福井県支部林 憲治

    労働人口の減少を背景に法の整備や改訂が進んでおり、各企業/労働組合においては、規則の書き換えや数値目標の設定などが急務です。私は、このことが机上の空論にならないよう、現場の実態をよく観察し、各々の企業に合ったあるべき目標と行動計画を定め、実践できるよう取り組みを進めます。

男女共同参画トップに戻る