UAゼンセン

MENU

トップリーダー宣言

  • 福岡県支部西 央人

    男女にかかわりなくUAゼンセンの活動に積極的なかかわりを持てるよう、加盟組合と協働し取り組みます。

  • 佐賀県支部俣野 勝敏

    県支部のあらゆる活動に「男女共同参画」の視点を盛り込み、「男女共同参画/先進県支部」を目指します。

  • 長崎県支部長岡 英樹

    今までの取り組みにおいて、目標としていた定期総会での女性参画率については達成をすることができた。今後も未達成の目標については内容の修正・見直しを含めた検討を行う。
     第3期アクションプランでは、さらに「男女共同参画社会の実現と女性の参加・参画の推進」を発信し、加盟組合リーダーの意識改革を進め、目標達成に向けて一丸となった取り組みを行いたい。

  • 熊本県支部梶田 秀治

    男女共同参画推進は、女性だけの問題でも課題でもありません。あらゆる局面で男女の役割があり、行動が必要です。女性も男性も同じ経験と行動ができるよう様々な機会があり、挑戦できる環境が必要です。その為の旗振りをするリーダーが必要です。私もその一人として行動します。

  • 大分県支部荒川 聰

    ①大分県支部の活動のあらゆる場面(運営評議会、業種協議会、専門委員会)で女性参画が進むように、案内、要請文書や運営方法等を見直す。
    ②また、県支部の主催する各種イベントにおいても女性の参画が増えるように、企画から運営まで女性の意見や要望を十分にふまえて、更に盛り上がり、意義のあるものにしていく。

  • 宮崎県支部倉石 豊彦

    男女共同参画の取り組みは女性だけの取り組みではありません。
    カギとなるのは組織トップがリーダーシップとなり何が出来るか考えと行動です。また、女性組合員が組合活動へ参加・参画する意識を持てるような、場面ときっかけを創って行く事を実施します。

  • 鹿児島県支部喜納 浩信

    男女を問わず、一人ひとりが能力を発揮でき、ワーク・ライフ・バランスが実現できる男女共同参画社会の実現を目指していくことを加盟組合と再確認します。そして、加盟組合と連携しながら組合活動へ参加できる場、関与する機会作りを継続して取り組みます。

  • 沖縄県支部鎌田 健詞

    組合員が男女の区別なく組合活動に参加参画する文化を醸成し、常に組合員から頼りにされる労働組合であり続けられるよう、真摯に職場の声に耳を傾け、県支部も加盟組合と一緒になって男女共同参画推進に取り組んでまいります。

男女共同参画トップに戻る