UAゼンセン

MENU

トップリーダー宣言

  • 長野県支部斉藤 直子

    男女が共に参加・参画することで、組合活動の活性化がはかられ、仕事・家庭・地域社会に関する政策が充実し、男女が互いに尊重し合える社会が実現できると考えています。男女が共に参加・参画しやすい環境作りに向けて、加盟組合と共に取り組んで行きます。

  • 岐阜県支部鈴木 慎

    労働運動の基本である「組合員の声」を大切に、学歴・年齢・男女問わず組合員1人ひとりの個性・特性を理解しあい相互に尊重しあうことで組合員が主役の運動につながると考えます。働くものすべてが人間らしく心豊かに生きていく社会のために、まずは女性の参加・参画率をよりアップさせ、より多くの声を大事にした労働運動推に向け1歩ずつ確実に前進させましょう。

  • 静岡県支部原 健二

    それぞれの人がそのひと自身として、女性であり、男性であることを互いに尊重できる平等社会の構築に向けて取り組みたい。役員比率や代議員比率を常に意識した組織運営を心掛けたい。

  • 愛知県支部畑 慎一

    第2期(2年間)の目標は達成できませんでした。
    女性参画がいかに重要かを強く意識して進め方も含め検討を行います。そのために、まず多くの組合員に声をかけ、みんなで参加、その中でリーダーをつくり、組合トップの意識醸成とともに目標達成に向けて共に取り組んでいきましょう。

  • 三重県支部楠本 敏久

    女性参画における数値目標の改善が進んだなか、さらなる女性参画の推進に向けて加盟組合の組織代表者を中心に理解浸透を図ります。また、第3期アクションプランの策定とその実行を促進し、目標達成に向けて加盟組合とともに取り組んで参ります。

男女共同参画トップに戻る