UAゼンセン

MENU

新しくUAゼンセンに加盟した労働組合が、速やかに活動を軌道に乗せ、その役割を果たせる組織になることを目的に、UAゼンセンの本部および部門・都道府県支部が連携して運動の基本や組織運営をはじめ、労働組合のさまざまな活動について指導、サポートを実施します。

プログラムの実施方法

新加盟組合の執行委員会等の開催前もしくは終了後60分~90分程度の時間を設定し、組合三役を含む執行委員を対象に、基本プログラムの内容を中心に6回の実施を基本とします。

基本プログラムの概要

主な内容
第1回
  1. 組織体制の整備
    組合員全員が情報を共有化できる体制づくり
  2. 運動の基本と組織運営
    運動の基本、労働組合の組織運営、労働組合の活動、労使協議会と団体交渉、執行委員会の開催手順、広報活動
第2回
  1. 労働組合の会計と会計監査
    予算と執行、会計監査の手順、会計ソフト、会計処理の実務について
  2. 組合規約と労働協約について
    実際の組合規約と労働協約記載内容とその意味の確認
第3回
  1. 共済活動
    共済活動の取り組み、UAゼンセン共済について
  2. 教育・文化レク活動
    教育・文化レク活動の重要性、具体的な取り組み手法
第4回
  1. 男女共同参画活動
  2. 社会(国民)運動
  3. ヤングリーブスの活動、ボランティア活動
第5回
  1. 大会、中央委員会の開催手順
    事前準備から実施までのスケジュールとポイント
  2. 政治活動の必要性と取り組み
    労働組合の政治活動、具体的な取り組み手法
第6回
  1. 賃金と統一的運動
    賃金の意味、賃金制度、賃金の決定要素、統一闘争とは
  2. 組織強化の取り組み「目標達成運動」
    組織強化の必要性、エントリーの実施、改善への取り組み
  • ※実施内容については、実施時期をふまえ加盟組合と打ち合わせを行い決定します。
  • ※第2回以降では、活動状況について確認し必要に応じてアドバイスを行います。

組織強化活動トップに戻る