運動/活動

北朝鮮による日本人拉致被害者家族への支援活動や、北方領土返還要求運動を行っています。

北朝鮮による日本人拉致被害者家族への支援活動

 

私達の仲間を一刻も早く日本へ帰国させるため、世論喚起を進め、被害者家族を支援する「特定失踪者問題調査会」の活動を支援しています。組織内外での署名活動を行い、内閣総理大臣あてに提出しています。

UAゼンセンの拉致被害者家族支援活動の一例

<周知活動>

 

<署名活動>

 

<要請活動>
過去最多の署名83万72筆を菅官房長官へ提出し、拉致問題の早期解決を要請

菅官房長官に署名簿を手渡す松浦会長(左)

 UAゼンセンは、日本人拉致被害者全員が一刻も早く北朝鮮から救出されるように、署名活動やカンパ活動などさまざまな活動を展開しています。2020年7月10日夕刻、松浦昭彦会長、川合孝典組織内参議院議員、田村まみ組織内参議院議員、西岡諭志ヤングリーブス委員長ら6名が首相官邸を訪問。松浦会長が過去最多となる署名83万72筆(昨年は50万余筆)を菅義偉官房長官兼拉致問題担当大臣へ手渡し、「拉致被害者家族の高齢化が進んでおり、一日も早い被害者全員の帰国へ向けて最大限の努力をしてほしい」と訴えました。
 これに対し、菅大臣は署名に対する謝意とともに、「先月、横田滋さんがご逝去された。ご存命のうちに、めぐみさんを取り戻せなかったことは痛恨の極みだ。この83万筆以上の署名は政府の拉致問題解決への取り組みの大きな後押しになる。署名の一つひとつに込められた思いをしっかり受け止め、認定の有無にかかわらず、すべての拉致被害者を一日も早く取り戻すために全力で取り組んでいく」と決意を述べました。
 署名簿の提出は例年4月に行っていましたが、ことしは新型コロナウイルスの感染拡大を受けて提出時期を延期していました。

※動画再生のパスワードは、所属組合へお問い合わせください。



<外部リンク>

 映画「めぐみへの誓い」上映情報
  UAゼンセンは、これまでの拉致問題に対する取り組みに合わせ、広く世論喚起を行っていくことは必要不可欠であると考え、映画「めぐみへの誓い」製作趣旨に賛同し支援しています。
 以下のリンクボタンの映画「めぐみへの誓い」製作委員会ホームページより、映画予告編や上映スケジュールをご覧いただけます。
   
   
 

「ゆび募金」活動に参加しています
 
 UAゼンセンは社会貢献の一環として、UAゼンセン本部に募金型自動販売機を設置し、その売上金の一部を特定失踪者問題調査会に寄付しています。「ゆび募金」自動販売機で飲料を購入すると、UAゼンセンと、この活動に賛同した飲料メーカーから1本につき1円ずつ(合計2円)が、寄付される仕組みになっています。自動販売機のボタンを指で押して購入するところから、「ゆび募金」と名付けられたこの活動は、だれもが気軽に参加できる社会貢献活動です。
詳しくは、NPO法人 ジャパン・カインドネス協会のホームページをご覧ください。

NPO法人 ジャパン・カインドネス協会のホームページ

領土問題等啓発運動

1974年から「北方領土返還要求運動」として運動してきました。2019年からは、北方領土問題を含む領土問題全般に取り組むこととし、学習や啓発活動を行っています。

独立行政法人北方領土問題対策協会 領土問題等(北方領土、竹島、尖閣諸島)啓発運動
logout