岐阜県支部は、2020年10月10日(土)に大垣フォーラムホテルで岐阜県支部第9回定期総会を開催し、5つの議案すべてを満場一致で可決・決定しました。総会実施にあたっては万全な3蜜対策を図り、規模を縮小しての開催となりました。冒頭、鈴木支部長は、「2021年も新型コロナウィルスの影響が続くと思われるが、労働組合の存在意義を示すため、一つひとつの運動を前進させ、団結力をもってこの難局を乗り切ろう」と呼びかけました。

RELATED関連記事
logout