7月24日、UAゼンセン岩手県支部は、東日本大震災からの復興を祈念し、「KIZUNA椿プロジェクト」と題した椿の植樹を行いました。当日、陸前高田市の高田松原津波復興公園には、21組合から50名、さらに政治顧問なども含め合計57名で54本の椿を植樹しました。今後、岩手県支部では植樹した椿について、「復興祈念樹」として育成を続けることとしています。

RELATED関連記事
logout