UAゼンセン滋賀県支部教育委員会は2022年3月12日(土)、若手組合役員の育成を目的とした滋賀県支部独自の教育プログラム「おうみ友愛塾」第1回講座を開催し、今期の塾生12名、教育委員10名が出席しました。

 冒頭の主催者代表挨拶の後、川合孝典参議院議員から「労働組合と政治活動」、木暮弘UAゼンセン副会長から「組合リーダーに求めるもの」をテーマに講義を行いました。それぞれの組合役員の経験談を交えた具体的な内容を聴講し、塾生にとって今後の組合活動の参考になりました。

 この日最後のプログラムとして行ったグループワーク「労働問題への対応」では、実際に起こった労働問題を題材に、グループに分かれ塾生それぞれの考えをまとめ全体で共有しました。

RELATED関連記事
logout