2024年6月1日(土)、北部地域協議会主催レク企画(コミュニケーション集会)「備前焼~手びねり&カフェ☆世界に一つだけの備前焼作り☆~」を組合員と家族含め7組合30名で開催しました。
 備前焼は、「日本六古窯」の中でも最も古い焼き物で、釉薬(素焼きの陶磁器の表面に塗る薬品)を一切使用しない究極にシンプルな焼き物です。今回は手びねりで、指導者にサポートしてもらいながらお皿やコップなど様々なものを制作。あっという間にできる方もいれば、何度も繰り返し元の円球に戻し一から作る方もいました。
 子供たちも楽しそうで、未来の陶芸家になるくらい立派なマグカップを制作したお子さんもいて、参加者全員焼きあがるのが楽しみとの声があがりました。限られた時間でしたが、有意義な備前焼き・手びねり体験(コュニケーション集会)となりました。

親子で楽しく陶芸体験!
RELATED関連記事