UAゼンセン

MENU

民主化運動を弾圧するミャンマー国軍への非難声明

民主化運動を 弾圧 するミャンマー国軍への 非難声明

UAゼンセン
会長 松浦昭彦

 今般のミャンマー国軍における一連の行動は、如何なる抗弁も許されるものではなく、同国軍が自ら国際社会で混乱と孤立を招いていることは明白である。

 UA ゼンセンは、ミャンマー国軍の自国民に対する暴力 行為を即刻停止するよう強く求める。また、同国軍が行っている行為を極めて悪質な 人権抑圧と捉え、ミャンマー国民がその恥ずべき行為から完全に解放されるまで国内外のあらゆる友好組織と連携し抗議活動を継続する。

 UA ゼンセンは、国民民主連盟( NLD )が圧勝した 2020 年 11 月の選挙結果を尊重し、民主的手続きを経て選ばれた代表による国政運営を強く求めるとともに、非暴力で行われている不服従運動が、あらゆる独裁勢力に対する平和的対応の模範となることを切に願う。

以上

?