UAゼンセン

MENU

第8回中央委員会を開催

2020労働条件闘争
 実質賃金の引き上げと公正処遇実現を!

 UAゼンセンは1月30日、第8回中央委員会を東京国際フォーラムで開催し、中央委員、役員、傍聴など約1200名が出席しました。

 松浦昭彦会長は冒頭の挨拶で、「2020労働条件闘争では、組合員の切なる期待に応える結果を必ず導き出さなければならない」と訴えました。

 「2020労働条件闘争方針」はじめ3議案をすべて満場一致で決定。最後に出席者全員でガンバローを三唱し、闘いへ向け決意を新たにしました。