UAゼンセン

MENU

闘争宣言「組合員に報いる交渉を」 2021賃金闘争・政策実現 総決起集会

 UAゼンセンは3月3日夕刻、都内で「2021賃金闘争・政策制度要求実現 総決起集会」を開催しました。(参加者はオンライン参加合わせて約1250名)
 松浦昭彦中央闘争委員長は「各組合とも格差是正を目ざして要求している。コロナ後の日本経済の回復には、国内消費の下支えとなる賃上げが必要不可欠。そして、なによりコロナの影響で職場環境や仕事の進め方が大きく変化していくなかで懸命に努力し続けている組合員にいかに報いるのか、希望を持って働き続けられるためにどうあるべきかを労使共通の出発点として交渉を進めていくことが必要だ」と闘争宣言を行いました。
 また、午前中にはUAゼンセン本部で要求集約状況について記者発表を行いました。(出席した報道関係者は1622名)

?