広島県支部は福地基弘準組織内県会議員とともに、広島県選挙管理委員会に対し、期日前投票所や共通投票所の設置を推進し、設置場所については、百貨店やスーパー、駅舎など利便性の高い場所への設置を増やすよう要請しました。県からは、現在3か所のショッピングモール投票所を設置したが、投票率向上に良い効果があり、積極的に取り組みたいとの回答を得ました。詳しくはUAゼンセン新聞10月7日号。

RELATED関連記事
logout