性別や働き方を問わず、仕事とくらしを両立できるように、育児・介護休業法が改正されました。産後パパ育休制度の創設や雇用環境の整備、個別の周知・意向確認の措置の義務化など、2022年4月より三段階で施行されます。
 UAゼンセン男女共同参画局では、2022年1月14日(金)に男性の育児休業取得促進のための学習会を開催しました。厚生労働省より法改正の説明を受け、ファザーリング・ジャパンの安藤代表より男性の育児休業取得の重要性について講演いただき、最後に法改正に対して労使で確認することや2022労働条件闘争方針について確認しました。
 男性の育児休業取得は、性別や働き方を問わず、子育てをしながら働き続けられる社会の実現、UAゼンセンが目指す「一人ひとりが人間らしく、心豊かに生きていく持続可能な社会」の実現につながります。
 学習会の資料は、UAゼンセンメンバーズ(組合役員用)にアップしています。
 →資料はこちらから

RELATED関連記事
logout