2021年4月、加盟単組を対象とした外国人労働者数や外国人組合員組織率、各単組・企業における課題などの把握を目的とした「外国人労働者の雇用・生活状況に関する調査(単組調査)」を実施しました。

 
【主な調査結果のポイント】
☆外国人従業員の9割強が正社員以外
☆外国人従業員がいる組織の7割強が、外国人を組合員化
☆職場・組合ともに言語の違いによる「コミュニケーション」が課題にあげられるなか、組合活動の多言語化に取り組む組織も

 

RELATED関連記事
logout