3月2日夕刻、UAゼンセンは2022賃金闘争・参議院議員選挙”必勝”決起集会を開催しました(東京・有楽町「よみうりホール」をホスト会場に、全国各地をZoomでつないでの開催)。2022労働条件闘争の本格的なスタートとなる本集会には、全国各地から757名の仲間がZoomをつうじて参加。
 壇上に立った製造産業部門の南澤宏樹部門長は、「コロナ禍で依然として厳しい業況の業種もあるが、それにひるむことなく交渉を進めていきたい。共闘をつうじて仲間と支え合いながら、今次労働条件闘争で成果を要求貫徹を目ざそう」と決意を語りました。
 その後、東海染工労働組合(愛知・繊維加工)の佐藤昌則委員長が、Zoomで参加し、ヤマ場へ向けた取り組みの報告を行い、「定期昇給相当額として、9500円の引き上げに取り組む」と力強く述べました。

ヤマ場へ向けた取り組み報告を行う佐藤委員長
RELATED関連記事
logout