UAゼンセン滋賀県支部教育委員会は4月8日(金)、若手組合役員の育成を目的とした県支部独自の教育プログラム「おうみ友愛塾」の第2回講座を開催しました。当日は今期の塾生11名、教育委員11名、組織内・準組織内を含む地方議員5名が出席しました。

 

 まず研修1では、「滋賀県議会議場見学」を行いました。国の登録有形文化財に指定されている歴史的な建物の説明や普段は関係者しか入れない県議会の議場を見学させていただきました。続く研修2では県庁と同じ敷地内にある「滋賀県危機管理センター」を見学し、災害発生時の滋賀県としての対応方法を学びました。

 

 研修3では組織内議員の河井昭成滋賀県議会議員から県政報告を受けました。その後、奥村功大津市議会議員、田中知久大津市議会議員、早川浩徳高島市議会議員、森重重則守山市議会議員にお越しいただき、塾生を囲んで座談会を行いました。座談会は塾生からの質問に地方議員が回答する形式で行われ、塾生は普段ゆっくり話す機会が少ない議員の皆さんと交流ができ、貴重な機会となりました。

RELATED関連記事
logout