UAゼンセン

MENU

「合理化対策指針」をベースとした合理化・企業再編対策

産業構造や市場環境の変化により企業の栄枯盛衰は避けられません。加盟組合の組合員の雇用を守るためには、産業政策により産業基盤を強化することや、円滑な労働移動(再就職)を支援していく政策的環境整備に取り組んでいますが、個別の加盟組合では人員削減等合理化提案が発生することがあります。また、近年の資本市場の規制緩和により、合併・会社分割・買収・事業譲渡といった企業組織の再編が進展しており、これらは組合員の雇用・労働条件に重大な影響を及ぼすことになります。
「合理化対策指針」を定め、加盟組合で具体的な合理化提案があった場合の対応の基本原則や提案内容毎の対応策を明らかにするとともに、全国にある都道府県支部・部門・UAゼンセン本部と当該加盟組合とで「合理化対策委員会」を組織し、加盟組合の会社との交渉を支援しています。

フェニックス基金(UAゼンセン再就職支援基金)によるサポート

倒産等で会社が無くなって離職せざるをえない加盟組合員の再就職を支援するため、UAゼンセンとして、組合員に対する集団説明会や組合員個々のキャリア・コンサルティングの支援を行っています。本来は、企業が責任をもって再就職先を確保することが当然ですが、そのような資金もなく、突然倒産してしまう中小企業の組合員を主に支援するものとして、2004年に「フェニックス基金(UAゼンセン再就職支援基金)」を設置しました。なお、本基金の適用には、「合理化対策委員会」の指導のもと対応を行っていることなど、所定の要件が必要となっています。

政策・労働条件トップに戻る