開店前準備。嵐の前の静けさ(開店直後から列が絶えず開店中は写真が取れませんでした。)

2012年8月4日(土)12:00~18:00
       5日(日)10:00~17:00
の2日間
札幌市中央区の中島公園内の自由広場にて連合北海道札幌地区連合主催の『さっぽろ元気まつり』に、JSD北海道支部のまちづくりの取り組みの一環として「たこ焼き屋」を出店しました。
さっぽろ元気まつりは、札幌から元気を発信しようと企画され、今年で7回目を迎えます。今年は、「環境と平和」をテーマに掲げ、会場内でのゴミの減量を図るためにリユースの食器を利用したり、平和の灯と平和への思いを込めた折鶴コーナーの設置や平和コンサートなどを開かれました。また、昨年に引き続き東日本大震災の復興支援として東北3県の名物・名産品も販売しました。
前週とは打って変わって、暑すぎない過ごしやすい天候に恵まれ、2日目は雨の予報でしたが途中雨が多少パラつく程度で、天候ももち、多くの方にご来場いただきました。
たこ焼きも2日間で573食(目標500食)の販売と大盛況でした。
また、三越伊勢丹グループ労働組合札幌丸井三越支部とも連携し、羊ケ丘養護園の子どもを招待し、たこ焼き屋の子ども店長として受け入れるなど地域とも密着した活動となりました。
参加メンバー:アークスグループ労連(松坂・玉越・山谷・山田悦子・佐藤・木村・松田)、コープさっぽろ労働組合(山田・田中・工藤)、東急百貨店グループ労働組合(萬田)、大丸松坂屋百貨店労働組合札幌支部(佐藤)、三越伊勢丹グループ労働組合札幌丸井三越支部(藤田・馬渡) 順不同敬称略

RELATED関連記事
logout