12月20日 新山千葉県支部長(右)から、滝川千葉県副知事に要請書を手渡す

10月27日 馬淵 一宮町長への要請

2020東京オリンピック・パラリンピックの開催地となる千葉県、および、千葉県長生郡一宮町に対して、新山・千葉県支部長、森田・常任中央執行委員、扇谷・総合サービス部門副事務局長が、働く者の立場から受動喫煙防止対策として以下2項目の要請をおこないました。

①住民全体の健康確保・増進と労働者保護のため、飲食店による受動喫煙対策として、
従業員を1人でも雇っている飲食店は原則全面禁煙(喫煙専用室設置は可)とする。
②実効性のある受動喫煙対策の推進のため条例・規則等を改正し、予算等を確保する。

10月27日におこなった一宮町への要請では馬淵町長、12月20日におこなった千葉県への要請では野田剛彦県会議員の同席のもと滝川副知事がそれぞれ対応され、いずれの機会においても、望まない受動喫煙から住民を守ることの必要性・重要性について認識を共有することが出来ました。

以上

RELATED関連記事
logout