山口県支部まちづくり委員会では、地域資源である「周防大島みかん」の栽培を行っています。これは農家の高齢化による担い手不足や遊休農地の拡大といった周防大島地域を活性させる取組として、2013年から加盟組合の皆さんとともに年間を通じて行っているものです。

コロナの影響で、例年よりも参加者を募集できないこともあり、今年の作業進捗はあまり芳しくありませんが、約2か月に1度のペースで、獣害防護柵の補修作業、草刈り、枝の剪定、収穫、などの作業を行っています。

RELATED関連記事
logout