小売業の現場では、ワクチン接種済みと思われる高齢者等のマスク未着用での来店が増え、組合員から不安の声が出ています。福島県支部は大場秀樹準組織内県議とともに、福島県に対し、ワクチン接種後の来店時のマスク着用を促す啓発ポスターの作成等を要請しました。県では、新しいバージョンの感染対策のピストグラムポスターを公開しました。詳しくはUAゼンセン新聞10月7日号。
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/01010d/poster-newlifestyle.html

RELATED関連記事
logout