3月2日夕刻、UAゼンセンは東京・有楽町の「よみうりホール」をホスト会場に、全国各地をZoomでつなぎ、2022賃金闘争・参議院議員選挙”必勝”総決起集会を開催しました。
 永島智子流通部門長は、全国各地からつながった757名の仲間を前に、「流通・小売業は平和産業としての一面を持ち、コロナ禍でも多くの仲間が社会生活を支えるために奮闘している。この仲間の頑張りに報いるような労働条件改善を、現場の皆さんとともに勝ち取っていきたい」と決意を述べました。
 その後、ヤマ場へ向けた取り組み報告として、壇上に立ったサニーマート労働組合(高知・スーパーマーケット)の岡本啓宏書記長は、「パートタイマーの組合員の格差是正にも積極的に取り組んでいきたい」と語りました。

 

ヤマ場へ向け、取り組みへの決意を述べる岡本書記長
RELATED関連記事
logout