UAゼンセン滋賀県支部教育委員会は4月23日(土)、滋賀県支部で「労働条件講座Ⅱ」」を開催し、12組合・支部から18名の組合員が参加しました。(ソーシャルディスタンスを確保するために参加者数上限を20名に制限)

 

 最初の講義では、UAゼンセン男女共同参画局より、「改正育児・介護休業法について」をテーマに講義を受けました。2022年4月から段階的に施行される改正育児・介護休業法の変更点を中心に、育児休業取得促進に向けた特例制度「パパ・ママ育休プラス」や企業として取り組むべき育児休業を取得しやすい環境整備の取り組みなどについて学びました。

 

 続いて、UAゼンセン情報システム局より、「UAゼンセンホームページ等の活用方法」をテーマに、リニューアルしたUAゼンセンホームページやメンバーズページの活用方法、UAゼンセンが発信するSNS(LINE・Facebook・Instagram)などについて学びました。

 今回は、これまでの労働条件講座とは違った切り口での講義で参加者の皆さんに好評でした。

RELATED関連記事
logout