2022年5月14日(土)に熊本県労働者福祉会館で「第2回組合リーダー研修会」を開催しました。中小組合が多い熊本県支部では、今年1月に開催した第1回組合リーダー研修会では組合活動の基本について学びましたが、今回はコロナ禍で業績不振が続く経済環境下にあって、「合理化に備える」をテーマに学習しました。
 日々の仕事の中で合理化の予兆を見逃さず、労働組合として対処することや、職場討議や会社との事前協議の必要性、秘密保持の方法など本部政策局の松浦局長から丁寧に説明していただきました。質疑応答を交える十分な時間が取れず残念でしたが、参加者一同、心引き締まる内容でした。

RELATED関連記事
logout