UAゼンセン

MENU

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、雇用調整助成金の拡充、病気休暇制度の普及強化を厚生労働相に要請

厚生労働省に対し、雇用調整助成金の拡充、病気休暇制度の普及強化を訴える松浦昭彦会長

 

 3月2日(月)午後、UAゼンセン(会長 松浦昭彦)は、加藤厚生労働大臣に対し、職場での新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐとともに、一時的な経済環境の悪化により労働者の雇用や所得に悪影響が及ぶことを可能な限り防ぐため、雇用調整助成金の特例措置の拡充、病気有給休暇制度の普及促進の強化を要請しました。

 

以上