UAゼンセン

MENU

東日本大震災から7年 「寄り添いボランティア」活動

『あの日』を忘れない

東日本大震災で被災された皆さまに、改めてお見舞いを申し上げます。

UAゼンセンは被災地の一日も早い復興を願って、支援活動を継続してきました。
今年度も「オイスカ海岸林再生プロジェクト10カ年計画への参加」「貞山(ていざん)運河復興支援」「寄り添いボランティア」に取り組むことを決定しています。

「寄り添いボランティア」は、2015年から始めた取り組みで、定期的に被災地に足を運び、震災の風化を防ぐとともに、自然災害に対する危機意識を高めることを目的としています。

2月22~24日、2018年度「寄り添いボランティア」の第1回派遣を福島県で行いました。

以上