長野県支部まちづくり実行委員会で、長野県議会6月定例会傍聴、知事との面談、県担当者と個別の政策懇談会を開催しました。

県との懇談会では、2つのテーマについて担当部署との意見交換を行いました。

まず「子ども若者局」藤木課長、塩原課長とは、コロナ禍でおいつめられているひとり親家庭への経済的支援や、サポートを受けやすように相談窓口の強化・広報活動の推進などについて要請し、意見交換を行いました。

また、「企画振興部・地域振興課」渡邉課長とは、過疎地域におけるインフラ・ネットワーク整備に関してモデル地区を設定し進めること等の意見交換を行いました。

RELATED関連記事
logout