栃木県支部まちづくり委員会にて、「佐野藍復活プロジェクト」への支援活動を、7組合21名で行いました。

佐野藍復活プロジェクトは、1909年(明治42年)に途絶えてしまった佐野市の藍産業を復活させて地元を活性化につなげようと、2012年より市内の有志が始めた活動です。
UAゼンセン栃木県支部まちづくり委員会としては、2017年よりこのプロジェクトの支援活動を行っています。

佐野藍の生産者である小竹さんの藍畑にて、雑草取りと藍草の収穫作業を行い、その後、佐野正藍染体験をして佐野藍文化に触れることができました。
今年度は、落合誠記準組織内議員(壬生町)にもご参加いただき、活動報告も含めて参加した組合員との交流を深めていただきました。

RELATED関連記事
logout