短時間組合員局では、2021年6~8月に実施した「2021労働条件実態調査」の集約結果から、パートタイマーおよび契約社員の労働条件の実態についてまとめたパンフレットを発行しました。パートタイム・有期雇用労働者、派遣労働者と通常の労働者の間の待遇差について、点検・見直しを行い、不合理な格差と認められる可能性がある場合には、待遇差の改善が必要です。

 本調査の結果を労働条件改善に繋げるべく、2022労働条件闘争への参考資料として活用していきます。

※パンフレットは添付PDFまたはUAゼンセンメンバーズをご参照ください。

RELATED関連記事
logout