UAゼンセンは3月2日夕刻、2022賃金闘争・参議院議員選挙”必勝”総決起集会を開催。新型コロナ感染拡大防止の観点から、東京・有楽町の「よみうりホール」と全国各地をZoomで結び、757名が参加するなか、総合サービス部門の坂田浩太部門長が登壇。「総合サービス部門に所属する業種は、コロナ禍で大きな打撃を受けている。私達の業種がしっかりと労働条件改善に取り組むことが、日本全体を元気にすることにつながる」と今次労働条件闘争への決意を語りました。
 その後、所属加盟組合を代表して、イオンクレジットサービスユニオン(千葉・生活サービス)の井上克彦委員長が登壇し、「賃上げ交渉に加え、労働時間の短縮についても力を注いでいきたい」と、ヤマ場へ向けた取り組みを報告しました。

 

ヤマ場へ向けた取り組みを報告する井上克彦委員長
RELATED関連記事
logout