2022年3月17日、UAゼンセンは2022労働条件闘争における最初の集中回答日(3月16日)の妥結結果について、記者会見を開催しました(出席した報道関係者は16社20名)。

 冒頭、松浦昭彦会長は、現時点での妥結結果について、「今次闘争においては、要求の段階からコロナ禍の出口へ向けた交渉を意識してきた。この間、社会相場形成に資する成果を上げており、とりわけUAゼンセンの約6割を占めるパートタイマー等の賃上げについても、現段階で正社員の引き上げ率を超える妥結を勝ち取っている。産業間、企業規模間、働き方の格差是正もしっかりと前進している。これからも、社会全体への波及を意識しながら交渉を進めていきたい」と語りました。

 

妥結の概況(3月17日10時時点)

●第一のヤマ場を迎えた3月17日10時時点で、正社員組合員は92組合、パートタイム組合員は70組合、契約社員組合員は14組合が妥結した。組合員数では全体で約61万人の賃上げが決まった。(正社員19万9千人、パートタイマー40万7千人、契約社員6千人)。

● 新型コロナウイルスによる打撃が大きく「特異な年」であった前年を超える妥結が続き、コロナ禍の影響が少なかった2020労働条件闘争に比べても、妥結額が上回る組合が多数出ている。

● 規模別では、300人未満の組合の妥結総合計額・率ともに300人以上の組合を上回っている。

● パートタイマーの一人あたり平均引き上げ率(制度昇給、ベア等込)は正社員を超え、6年連続正社員を上回っている。

● 連合構成産別の先行する妥結集計状況を上回る結果となっている。

● これらのことから、産業間格差、規模間格差、および雇用形態間格差の是正にむけ一定の前進が図られているといえる。

● これまで継続的に取り組んできた均等・均衡処遇の実現、労働時間改善などに加え、組合員一人ひとりの生活や働き方のニーズを踏まえた就業環境整備に向けて議論が進んでいる。

※具体的な妥結の概況については、添付の資料をご参照ください。

記者からの質問に回答する松浦昭彦会長(写真左)
RELATED関連記事
logout