UAゼンセンは2022年4月5日、2022労働条件闘争における3月末時点での妥結状況に関して記者会見を開催。報道関係者等19社23名が出席するなか、波岸孝典流通部門事務局長が、流通部門の所属加盟組合の妥結状況を報告しました。

 具体的には、2年間にわたりコロナ禍でも賃金を引き上げてきた基調を継続し、この流れを維持している点を強調。そのうえで、「スーパーマーケットやホームセンターの労働組合で、昨年並みあるいは昨年を上回る賃金引き上げが続いている。また、家電業種についても、賃金引き上げが継続している」と述べました。

 加えて、総合的な労働状況改善について、「パートタイマーの均衡・均等処遇についても、休日・休暇といた制度はもちろん、賃金に関してもしっかりと協議が行われている」と語りました。

3月末時点の妥結状況を報告する波岸孝典流通部門事務局長
RELATED関連記事
logout