2022年6月3日(金)、熊本県労働者福祉会館で「第5回暮らしフォーラム」を開催し、短時間組合員を中心に5組合28名が参加しました。冒頭、「かわいたかのり」組織内参議院議員の映像を視聴し、当日のテーマである「社会保険適用拡大」に関し、国会での取り扱いについて聞くことができました。

 

 講義ではUAゼンセンの永井短時間組合員局長より、有期・短時間労働者の視点から「育児・介護休業法の改正と社会保険適用拡大」について説明していただきました。また、梶田熊本県支部長からは、「UAゼンセン活動」などについて説明を行いました。グループ討議では十分な時間が取れませんでしたが、有意義な時間となりました。

RELATED関連記事
logout