~あらゆる産業で特定最低賃金の取り組みを!~

   2022年1月28日(金)、本部・大会議室をホスト会場に「2022特定最低賃金対策会議(総括版)」を集合・Web同時開催しました。冒頭、西尾多聞副書記長(労働条件局長)の挨拶の後、永井幸子短時間組合員局長より2021の総括と2022特定最低賃金の方針の説明があり、情報・意見交換会では各県の状況や取り組むべき課題などの意見が挙げられました。
 今回の対策会議では、2022年度の審議に向けた課題共有と本部・部門・各支部の連携を強化して取り組んでいくことを確認しました。

RELATED関連記事
logout