UAゼンセン

MENU

総合サービス部門とは

総合サービス部門は、食品製造やレストランチェーンなど食にかかわる産業や、交通・運輸、エネルギー、金融、ホテル、レジャー、パチンコ、医療・介護など、生活にかかわるあらゆるサービス産業の労働組合805組合、約50万名の組合員で構成されています。その特徴として、組合員数300名未満の組合が全体の約8割、大手・中堅の組合も小規模分散型職場の組合が数多く、パート・アルバイト、契約社員、嘱託社員、派遣社員、請負などの多様な働き方の組合員が6割、女性組合員も6割を占めています。

【UAゼンセン規約 第10章 第60条】
サービス・関連業的働き方を中心とする労働者が主体となって組織する加盟組合または分会

総合サービス部門の組織

  1. 組織図・・・別紙
  2. 主な加盟組合
    フード部会
    あべかま、仙台コカ・コーラ、タカノフーズ、カルビーグループ、滝沢ハム、プリマハム、亀田製菓、岩塚製菓、雪国まいたけ、マルサンアイ、ヤマモリ、フルタ製菓、コーベヤ、神戸風月堂、六甲バター、テーブルマーク、フランソアグループ、明治屋産業、イケダパン、日本フードパッカー鹿児島など
    フードサービス部会
    アレフ、元気寿司、サイゼリヤ、ココスジャパン、テンアライド、セブン&アイ・フードシステムズ、ビックボーイジャパン、アークミール、モンテローザ、ロイヤルグループ、東天紅、ジョリーパスタ、リンガーハットグループ、シダックス・コミュニティー、すかいらーくグループ、大庄、アターブル松屋、アークランドサービスグループ、コロワイドグループ、サガミチェーン、スガキコグループ、木曽路、餃子の王将、がんこグループ、サトレストランシステムズ、フレンドリー、マルシェ丸忠会、トリドール、ジョイフルなど
    ケータリング部会
    レオック、京樽、シダックス、オリジン東秀、メフォス、ちよだ鮨、メーキュー、柿安、魚国総本社など
    インフラサービス部会
    仙台ガスエンジニアリング、仙台運送、イオングローバルSCM、東急ファシリティサービス、アサヒセキュリティ、ミツウロコ、三越伊勢丹ビジネス・サポート、冨士タクシー、MK、イオンディライト、大阪ガス、大阪府従業員、鴻池運輸、星光ビル管理、大阪ガス・カスタマーリレーションズ、喜多村グループ、南国殖産など
    生活サービス部会
    イオンクレジットサービス、セディナ、ポケットカード、SMBCコンシューマーファイナンス、産経グループ、クレディセゾン、三越伊勢丹グループエムアイカード、トーカイ、ブラザー販売、電波学園グループ、検査労連、ダスキン、ライフユニオンなど
    ホテル・レジャー部会
    東京ディズニーリゾート、イオンコンパス、オリエンタルホテル東京ベイ、イオンファンタジー、コナミスポーツクラブ、後楽園、京王プラザホテル、ホテルおかだ、一の湯、池の平ホテル&リゾーツ、アクトス、リゾートトラスト、ブライトンホテルズ、ユニバーサルスタジオジャパン、クラウンプラザ神戸、ホテルニューヒロデン、ホークスタウン、ハウステンボス、アメイズ、シーガイアなど
    パチンコ関連部会
    ニラク、アンダーツリー東京、ダイナム、ヒュウマップ、マルハン、トリックスターズグループ、メッセグループ、夢屋、T&T、コロナなど
    医療・介護・福祉部会
    ノテ、弘前愛成会病院、会津中央病院、日本介護クラフト、青山信愛会、青松会、立川メディカルセンター、愛染園、社会保険病院、北九州病院、徳洲会グループ鹿児島など
    人材サービス部会
    ニチイ学館、ソラスト、エヌジェーシー、人材サービスゼネラル、三越伊勢丹ヒューマン・ソリューションズなど

活動方針

あらゆるサービス産業、食品産業にはたらく仲間の「公正労働基準づくり」と「産業・業種の政策課題の改善」、またその前提となる「組織の拡大と充実・強化」や「ダイバーシティの推進」への取り組み。

政策分野への取り組み

  1. 労働政策

    総合サービス部門に所属する、すべての組合で雇用形態間格差是正、男女間格差是正、若年層や子育て世代の底上げ、60歳以降の再雇用者処遇改善など継続して取り組んでいます。

  2. 産業対策活動

    所属組合にかかわる産業・業種の政策課題への対応も含め、所属組合や組合員が主体的に実現させるべき政策課題を明確にし、その実現に向けた道筋を部会・分科会・PTにおいて検討し、組合員と価値観を共有した上で実現に取り組んでいます。

    取り組んでいる産業政策

    • 「医療・介護産業政策」の策定
    • 「パチンコ産業政策」の策定
    • 「フードサービス産業政策」の具現化
    • 「スポーツ産業政策」の具体化
    • 「ホテル・レジャー産業政策」の具体化
  3. 政治活動

    安心して働き続けるための雇用・労働法制の整備、子育て・医療・介護・年金など社会保障の充実、私たちの産業・業種の政策課題の改善など、一つの企業や産業の労使間だけでは解決できない政策制度の実現に向けて、所属組合とUAゼンセンが連携して、日常的政治活動、政策実現活動、選挙支援活動に総合的に取り組んでいます。

組織分野の取り組み

  1. 組織の拡大と充実・強化

    企業内組織拡大(パート、契約社員、再雇用者、中間管理職層などの組合員化)に向けた取り組み。また、グループ企業、関連企業などの組織化を推進しています。所属組合への教育活動のサポートや、次世代トップリーダー、女性リーダー育成にも取り組んでいます。

  2. ダイバーシティの推進

    パート・アルバイト、契約社員、嘱託社員、派遣・請負など多様な働き方の短時間組合員や女性の組合員が部門に所属する組合員の約6割を占めるという特性を踏まえ、「多様な組合員の参加・参画」の中で、当面は「短時間組合員にかかわる運動や政策立案の強化」や「男女共同参画の推進」に重点を置いて取り組んでいます。